初診の方限定!平日、午前中はホワイトニングを半額にてお試しいただけます!

虫歯治療

痛みの少ない治療も心がけています。

できる限り、歯を抜かない、歯の神経を取らない、歯を削らない治療を心がけています

虫歯になると、自然に治ることはなく、二度と元の歯の状態には戻りません。
虫歯は初期段階では自覚症状がなく、症状が出た時にはかなり進行していることが多いのです。
早期発見、早期治療がとても大切です。

当院のむし治療の特徴

「今ある歯を大切に、なるべく削らない治療」「痛みの少ない治療」
を実現するために数々の機材やテクニックを用いております。

表面麻酔

画像

無痛治療の基本は、麻酔をしっかりと打つことです。
しかし注射針を用いる以上、打つ際にどうしても「チクッ!」とした痛みが発生します。
それを緩和させるために、当院では打つ前にゲル状の麻酔液をまんべんなく患部に塗布しています。

極細の注射針(33G)

画像

針が太いと、感じられる痛みも強まる可能性が出てきます。
そこで当院では、現在の日本で流通している中では最も細い針を使用しています。

電動麻酔注射

画像

人の手で注射を行うと、どうしても手元が狂ったり急激に麻酔液が入ってしまったりと、
何かとリスクがあります。しかし当院の注射は手動ではなく電動です。
精密な機械を用いていますから、いつでもゆっくりと正確に投与することが可能となります。

超極細ドリル

画像

太めのドリルばかりに頼っていると、どうしても削られる量は増えてしまいます。
当院では余分な歯を削ってしまうことがないように、とびぬけて細いドリルを採用しています。

う蝕検知液(カリエスチェック液)

画像

う蝕検知液とは、虫歯治療の際に使用される薬剤で、虫歯の部分のみを赤く染めるものです。

虫歯治療を行う上で一番大切なのは細菌に感染した歯質を完全に除去することですが
(虫歯を取り残すと二次カリエスが発生するため)、
虫歯をどこまで削るのかは目に見えませんので、
通常は虫歯の硬さを頼りに、軟らかくなった部分を削っていきます。

しかし、う蝕検知液を使うと、細菌に感染した取り除くべき部分が赤く染まりますので、
どこまで虫歯を削ればよいかの目安になります。

そうすることで、健全な部分を削ることなく、 今ある歯を大切に、なるべく削らない治療が可能になります。

ドックスベストセメント

当院では歯を削らない最新治療も取り入れております。
むし歯を削らずにセメントを詰めるだけで虫歯が治ってしまいます。
(適応症例が限られますのでご相談ください)

画像
画像

 

お電話でのご予約・お問い合わせ tel.0877-56-7766
診療時間
9:30〜13:00

/

/

15:00〜20:00

/

/

休診日
水曜日・祝日
※(▲)土日の午後は14:00〜17:00までの診療です

© 香川県綾歌郡宇多津町の歯医者 ごうだらいおん歯科. All Right Reserved.